新着情報

2018.12.1 広州と「食は広州にあり」

広州は香港から車で2~3時間、珠江という河を上った所に位置する大きな都市です。今では、新幹線が開通して香港とは1時間弱で繋がっています。もちろん、大都市なので中国の中で経済でも芸術でも大きな役割を担ってますが、昔から食があまりに有名です。それは、中国全体の中でも古くから言われている「生在蘇州、穿在杭州、食在広州、死在柳州。」という言葉の中でも見てとれます。蘇州は風光明媚、杭州は絹織物の産地、広州は美味しい食事、柳は材木の産地で有名なことから、「風光明媚な蘇州で生を受け、杭州の絹織物で作った衣装を身にまとい、広州のおいしい食事を日に三度食べ、最後は柳州産の棺おけに入って死ぬのが理想的」というような意味合いです。実は、日本でも有名な「食在広州」(食は広州に在り)は、この一部なのです。中国全体の中でも、古くからこう言われてるほど食と言えば広州。このように、中華料理の中でも広東料理は一目置かれているんです。

PAGE TOP